FC2ブログ

わたしとスピリチュアルな彼女 PART6

ついにPART6まできてしまいました。
いったいこのシリーズはどこまで続くんでしょうか。
「6部作」とか言ってましたが、今回で終わりそうにないですね(;^ω^)

ようやくM子との友情エピソードを書き終わったので、今回は少し話を進めてみたいと思います。
ダラダラ書いて申し訳ありませんが、よろしければもうしばらくお付き合いください。


* * *


前回までのあらすじ
PART1「2007年、26歳の小関と、43歳のM子の友情が芽生えた」
PART2「M子が自分の病について告白」
PART3「夫と不仲の私に、M子からのすてきなプレゼント」
PART4「ある日妻は、夫への屁みたいな闘争心からギターを始める」
PART5「M子の言葉の力で、小関は歌が歌えるようになる」

詳しくはコチラ
わたしとスピリチュアルな彼女 PART1
わたしとスピリチュアルな彼女 PART2
わたしとスピリチュアルな彼女 PART3
わたしとスピリチュアルな彼女 PART4
わたしとスピリチュアルな彼女 PART5


* * *


M子は双極性障害(躁うつ病)を患っていました。

PART2でも書きましたが、生活に支障が出るほどひどい症状でした。
仕事にも出られず、M子は夫の収入で生活していました。
M子が私にそれを打ち明けてくれた時、素直に嬉しかったです。
簡単に人に言うようなことではないので、信頼されているからだと感じたからです。

それからというもの、私は何とかM子の病気を治したいと思い始めました。
回復して、元気に活発に動くM子を見たかったのです。

手始めにインターネットで病気について調べ、同じ症状の人の手記などを読むところから始めました。
身近に躁うつ病の人がいれば話を聞かせてくれとお願いし、ネットで知り合った人に話を聞くために会いに行ったりもしました。


躁うつ病にはいろいろパターンがあるようで、皆言うことはバラバラでした。
何が正しい情報なのか分かりませんが、話を聞くうちに病気についての知識は増えていきました。

聞いた話を総合すると、こんな感じです。

治癒する人は数ヶ月~数年で良くなるが、何十年も治らない人もいる。
投薬量を増やそうとする医者とそうでない医者がいる。
薬を増やせば、それに伴う副作用でさらに増える。
薬を持っていないと安心して外出できない。
何かに没頭したり、あれこれ考える余裕が持てないくらい忙しく過ごすと、良くなる可能性がある。

しかし、これらは人に聞いた話ですので(つまり「個人の感想です」と同じ)絶対ではありません。
M子に当てはまるかどうかも分かりません。

しかもこれらはM子から頼まれてやったわけではなく、私が勝手にやっていたことでした。
M子が「病気を治したい」と言ったわけでもありませんでした。
当然、M子は治癒することを望んでいるのだろうと思っていました。



M子に何度か、医者を変えてみたらどうかとすすめました。
せめて、投薬量を減らす方向で考えてくれる医者が良いと思ったのです。
しかしM子は
「今のお医者様は信頼できる人だから・・・」
と、取り合ってくれませんでした。

M子は人を疑ったり、悪く言ったりはしない人でした。
会う人会う人を、
「あの人は素晴らしい人だよ!ねえ!文ちゃん!」
と大仰に褒め称える傾向がありました。
純粋で、本当にそう思っていたのかもしれませんが、その性格もあって、M子はかかりつけ医を妄信していました。
(もちろん本当にいい医者である可能性もありますが)

医者を変えるのはムリだな、と私は早々に諦めました。



M子がどうして躁うつ病になってしまったのか、すごく知りたかったし、それさえ分かれば治せるのではないかと私は思っていました。
でも、それをM子に尋ねることはできませんでした。
おそらく、それを思い出すことはM子にとって最も辛いことだろうと思ったからです。
何かがトラウマになっているのだとしたら、それを思い出して憂鬱な気分になってほしくありません。


ですが、私は「きっとこんなことがあったのだろう」とM子の過去について勝手に想像していました。

M子は20代の頃キャリアウーマンだったと言っていました。
東京で働いていたのに、病気になって、仕事をやめて京都に戻ってきたと言っていました。
ならば、きっと職場で失望するような出来事があったのだろうと私は考えました。
安直ですが、きっと男性上司からセクハラまがいの嫌な思いをさせられたのだと思いました。


イケメン上司「M子くん、きみは本当によくやってくれるね」
M子「いえ、そんな・・・」
イケメン上司「ところで、今夜こそ食事に誘ってもいいかな?」
M子「せっかくですが、用事があるので・・・」
イケメン上司「困ったな。いつも同じ答えじゃないか」
M子「すみません・・・失礼します」
イケメン上司「いいじゃないかそんなに邪険にしなくても」

グイッ

M子「あっ!やめてください!!!!」
(イケメン上司を振りほどいて逃げる)

~翌日~

イケメン上司「M子くん、きみはプロジェクトから外れてもらう」
M子「ど・・・どういうことですか!?」
イケメン上司「言葉通りの意味だよ。きみはもう必要ないからね」
M子「そんな・・・」
イケメン上司「ああ、悪いけどこれコピーとっといてくれる?」
M子「はい・・・」


・・・というドラマを勝手に脳内で作り上げていました(;^ω^)

M子から前の職場の話を聞いたことは一度もありません。
私の想像力は、身勝手な上司にパワハラ&セクハラを受けるM子を勝手に作り出していたのです。


* * *


そんな中、ある日突然、それは覆されました。

M子が、どうして病気になったのか、自分から語ってくれたのです。
四条に飲みに行っていたときだと思います。

少し酔っ払って気分のよさそうなM子は言いました。


私は昔、人の気持ちをもてあそぶのが好きだったの。
相手が、自分のことを好きになったら
あえて突き放してみたりとか、ね・・・
でも、そんなことしたせいで罰が当たったんだね。
そのせいで、私は病気になってしまったんだ・・・


それを聞いたとき、私はM子が何を言ってるんだかさっぱり分かりませんでした。

私は、脳内で勝手に「M子が病気になった原因は上司のパワハラ」と決め付けていたので

ん?
M子は何を言ってるんだ?
頭がボケたのかな?


と思い、とっさに言葉を返せませんでした。
もちろん、ボケているのは完全に私のほうでした( ̄◇ ̄;)

M子は、病気になった原因を自ら語りました。


M子は、非常に異性にモテていた。
自分の気持ち次第で、誰とでも付き合うことができた。
あえて人の気持ちを自分に向けておいて、突然冷たく接して反応を楽しむこともあった。
そのことについて罪悪感はなかった。

だが、ある日M子は年下の男の子に恋をした。
いつも通り彼は振り向いてくれると思った。
でも彼は、M子の思い通りにはならなかった。
M子はフラれた。
M子はその現実に失望し、病を患った。


・・・ということだったのです。

その時、M子が話してくれたのがこうだっただけで、実は他の要因もあるのかも知れません。
今、M子に聞いたら「酔っていたから」と言って否定するかもしれません。
ですが、私はM子の口からこんなことが語られたということに衝撃を受けました。


え?失恋って悲しいよ?
その痛みは計り知れないよ?


・・・と言われれば、たしかにその通りかもしれません。


ですが、ここで注意すべき点は、この世には
フラれて当たり前の人種が存在するということなのです。

そのときの私は、どう考えてもそちら側の人間でした(´∀`lll)

そして、自分に自信がなく卑屈だったので、M子の告白を聞いて
は?何言ってんだおめぇ?
としか思えなかったのです・・・


中学生の頃に、クラスの男子に「あいつの顔、気持ち悪いよな」と、わざと聞こえるように悪口を言われてから、私は外見に自信が持てず、劣等感のあまり性格がひねくれ、異性から嫌われていました。
そう思い込んでいただけかもしれませんが、いつも「どうせ私なんて」と自分を卑下していました。

ウザいですね・・・(´∀`lll)

モテませんでしたが「モテない」ことを必死で隠そうとしていました(´ε`;)
「どうせ私なんて」と言いながらも、多分モテたかったのです。
あまりにモテなかったので、異性から少しでも優しくされると自分のことが好きなのではないかと勘違いしました。


そんな痛い私は、M子の告白に動揺しました。

たったそれだけのことで・・・!
1人に振られただけで・・・!


と喉元まで出かかりましたが口にせず
「そうなんだ・・・」
と無難で普通の返事をしてやり過ごしました。

M子が深く傷ついたのは事実だし、M子がモテない人の事情を気にする必要もないのもまた事実でした。

しかし、私はあろうことかM子に嫉妬心を抱いてしまったのです。

きっと、チヤホヤされて当たり前だったんだろうな・・・
と、モテない自分との差を恨めしく思いました(´ε`;)

もちろん、M子が美しくモテていたのは、M子の美しくあろうとする努力や人柄あってのことだったのですが、その時は湧き上がる嫉妬心のあまり、その考えに至ることができませんでした。


その日を境に、私はM子の病気を治したいんだか、どうなんだか分からなくなってしまいました。
目標を失ったような気分でした。
思えば、勝手に「こうではないか」と決め付けて、そうでないと分かって失望しただけでした。

M子からしてみれば迷惑な話だろうと思います(´・_・`)



ですが、私とM子の友情はその後も続きました。
表面上は何も変わることなく、2人で飲みに行き、2人でカレー屋に行き、2人で喫茶店に行きました。
変わったことといえば、私は、以前のようにM子の病気のことを考えることがなくなりました。

M子の病気は急激にひどくなっていきました。


* * *


私の家庭も急速に崩壊に向かっていました。

ある日、Y口(当時の夫)が飲み会から帰ってきた夜のことです。
深夜2時をまわっていました。

Y口は、泥酔しているのか、帰ってくるなり大音量で音楽をかけ始めました。

深夜2時にそんなことをすればもちろん近所から苦情が来るので、私はすぐに停止ボタンを押して止め、今は音楽を聴くのはマズい、と伝えました。

Y口は逆上し
うるせー!!!
この××××が!!!

と放送禁止用語で私を罵倒し、すぐにまた再生ボタンを押しました。

再び音楽が大音量で響きわたりました。
そして目を閉じて、音楽を聴いているのか寝ているような素振りを見せました。

となりにはヤのつく職業の人が住んでいるし、騒音でいつ近所から殴り込まれてもおかしくないくらいの音量だったので、私は恐怖しか感じませんでした。
このままではいけないともう一度、音楽を止めました。

すると今度こそY口はキレたようで、目を開けて
ああああああ!!!
やめろ!!!!

と叫んで私の手を叩き落としました。
そしてまた音楽を再生し始めました。

興奮しているのか、どこを見ているのか分からないような目をして
死ね!!
みんな死ね!!

などと叫んでいました。

私のことも、分かっていないようでした。


夫は正気を失っている、このままでは誰かが殴り込んでくるかもしれない。
深夜2時で、誰にも連絡できない。
私は、恐怖に耐えながら朝になるのを待ちました。

Y口は、目を閉じて寝ているようにも見えましたが、起こすのが怖くて、彼を刺激するようなことはできませんでした。

何時間かして、Y口が眠ったのを確認し、私は大音量で鳴っている音楽を止めました。



出会った頃は、Y口は酔うとよく「愛している」を連発しました。
それで「ああ、酔っているのだな」と判別できました。
何かのろけ話のようですが、それが今や、酔うと「死ね」しか言わなくなりました。

私が2年間、彼に接してきた結果がそれでした。
仕事やバンドに没頭し、家庭や彼のことを第一に考えませんでした。
彼に与えた精神的苦痛は、そのまま自分の身に返ってきたのでした。
しかし、当時は冷静に考えることもできず、私が抱いていたのは「なんでこんな目に遭うのか」というY口への怒りと悲しみだけでした。



後日、Y口にその夜の出来事の話をすると、まるで覚えていないと言いました。
笑いながら「ごめんって~」と言いました。
大したことではないと受け止めているようでした。


私はY口に家を出て行くと告げました。
次の日、一人で暮らすための物件を探し始めました。


PART7に続く



★次回予告★

さようならM子、Y口、京都での生活。
小関は新たな一歩を踏み出・・・・・・せるのか。


踏み出せると・・・いいな・・・(;・∀・)


大佐・・・ハゲないでね・・・
dave_mustaine_はげそう
関連記事
スポンサーサイト



コメント

mano

こんばんは。(´▽`*)
ついに、続きがUPされましたね。やはり、躁鬱病なのですね。
でも、その病に至った原因が、へ?( ゚Д゚)という内容ですが。。。ただ、酔って
おられたとの事で、真相は謎ですね。しかし、、うらやましいですね。そんな事、
現世では、到底起こりうる事ではないだけに。(;´∀`)
もしかしたら、幼少の頃から、大事に育てられた人なのかもしれませんね。
いい歳なのに、他人を妄信するとか。。(て、私も相当ひねくれて黒いですね。
(;´∀`)彼女の旦那さんも、鬱ではなかったですか?彼は仕事できていたの
でしょうか?(間違っていたら、すみません。。)
こういう病気は完璧主義の人がなりやすいらしいですが。。誰でも発症するもの
でもないのかな。。よくわかりませんが。。
小関さんの前の旦那さんも、色々悩んでいたのかもしれないですね。。
ひとつ食い違うと、段々ずれていく感じは、切ないですね。。その時はわからず、
後で、わかる事とか。。でも、今こうやって冷静に自分を見つめられるのは、
良かったですね。あんまり、相手ばかり攻めるのも、しんどいし。。
M子さん、どうなるのか?続きが気になる。。

大佐も、おでこきてるなー。。(;´∀`)ミレも相当、きてるので、もうあと5年
くらいすると、はげそうだ。。(;´Д`)でも、瞼を閉じるとあの頃のふさふさの
彼が出てくるのですよ。全盛期を知っているだけに。でも同年代よりも、ずっと
若いけどね。一般人なら、ただのおっさんだから。。(≧▽≦)

小関 文

Re: タイトルなし
こんにちは( ´ ▽ ` )ノ
いつもご訪問いただきましてありがとうございます!
感想もありがとうございます。嬉しいです!!

M子が躁うつ病にかかってしまった原因、私は「へ?(゜o゜)」だったのですが
一般的にはどう思われるのかなぁ?と思って気になっていました。
やっぱり「へ?( ゚Д゚)」なんですねw

ちなみに「初めて振られたときは本当にショックが大きかった」という意見もありました。
M子は人を振ったことはあっても、振られたことはなかったようなので
初めてで相当ショックを受けたのだろうと思います。
自分がモテるという事実で自分を保っている人は、それがなくなると
ぽきっと枝が折れるように自分を支えられなくなってしまうようです。

M子の旦那様(T也さん)もうつ病です。
それで合ってます。
でも、実際にどんな症状が出ているのかは分かりませんでした。
M子の旦那様は、私と接している時はすごく自然に見えましたし、
これはうつ病の友人全員に言えることですが、普段は態度も何も変わらないので
病気だなんて聞かなければ分からないのです(;´д`)
仕事は、ちゃんと行ってたみたいです。
それもM子から話を聞いてただけなので、なんとも言えないですが・・・(;^ω^)

完璧主義、生真面目、几帳面な方がなりやすいと言われていますね。
でも、実際に自分の周りを見てみると
そうでもないな・・・いろいろかな・・・(;^ω^)と思ってしまいますが。

私の前の夫も、私に振り回されて相当苦労したと思います。
本当に申し訳ないことをしたと、今では思っていますよ。
今の私がギターを弾いてバンドをやってるのも前の夫のお陰なので、すごく感謝もしてます。
でも、あの頃の私たちは精神的に幼すぎたのかもしれません(;´д`)
もう20代後半だったのに・・・
それを考えると20前後で結婚して、今でも仲良しな夫婦はすごいですね。
書けば書くほど「みんなすごいな」ということに気づくだけという・・・(;^ω^)


大佐は・・・
そうですね。
サマソニ来たときから思ってましたが、きてますね・・・
犬みたいにフサフサして気持ちよさそうだった頃がなつかしいですね( ´∀` )
↑その頃はまだ大佐しらなかったけど

ミレは髪をかき上げたりしなかったので気づかなかったのですが、きてるんですね・・・
そうですよね・・・(´;ω;`)
とはいえ、まだ49歳みたいなので、あと20年くらいはバンドできそうですね!
今後も期待ですヽ(*´∇`)ノ

最近来日したアイアンメイデンが57~63歳と聞いて驚きました(゜o゜)
逆に60代になってもバンドはできるのだ、と元気づけられますw

mano

こんばんは。
アイアンメイデンも、すごいですよね。。ブルースさんは、飛行機操縦して、
ライブしてるんですから。。どんだけ超人なのか。。
実は、メイデンは初めて観た海外メタルバンドでした。(;´∀`)
でも、そのころはメタル聴き始めで、有名な曲しか知らんまま、行きました。
覚えているのは、大阪フェスティバルホールの赤い階段。。(なんじゃそら。(;´∀`)
確か、マスコット((≧▽≦)古。。)のでかいエディさんが出てきた記憶があるようなないような。。
まだブルースが、リカちゃん人形みたいな前髪の頃ですね。。
で、メタル好きといいながら、大御所を聴いてなかったり。。すみません。

そうなのですよー。ミレの若い頃の写真は、三白眼で、(;´∀`)睨んでる写真や、前髪で、顔が見えない
写真とかそんなんばかりで、この人、イケメンなのか不細工なのか、気になるーー。といつも気になってました。
まあ、超イケメンとはいわんが、でも、あの当時のKREATORはイケメンの方かも。。
(スラッシュ界なら、アメリカのバンドのポゼストは、イケメンだったなー。。)
ここまで長い。。でも、YOU TUBEで昔のライブ見た時、髪をかき上げたら、この人若い時から、おでこが
結構広かったの。。(≧▽≦)びっくりしたー。だから、禿げるかもね。今、帽子よくかぶってるし。。

小関 文

Re: タイトルなし
こんにちは( ´ ▽ ` )ノ

アイアンメイデンすごいですよね・・・
国技館のライブには行けなかったのですが、ツイッターでずっと動向を見守っていましたw
機材を積んだアイアンメイデンの専用機エド・フォース・ワンは超重くて(でかくて?)、
離着陸を断られる空港もあるんだそうです(;^ω^)
あのセットのデカさを考えると、仕方ないのかもですね。

メイデンを生で見られたことがあるのですね!
羨ましいです(´;ω;`)
近年は大阪どころか日本にもあまり来ていないようだったので・・・
しかもリカちゃん人形みたいな前髪の可愛かったころのブルースですか!
羨ましいです羨ましいです(´ε`;)
(今はなんか素早い猿って感じですが)
あの頃のブルースのファッションはなかなか衝撃的ですよね。
(今でもどこか変だけど・・・)

私も、メイデンは超有名曲しか知りません(;・∀・)
30年以上歴史があるバンドを遡って1から聞くのはなかなかつらいです。
ベスト盤を聴いて、そこからちょっと広げたくらいですかね(;・∀・)
あの人たちは、CDで聴くよりライブ映像を見たほうが断然楽しいですしね・・・

若い頃のミレの写真、たしかに顔がわかりにくいの多いですね。
というか動画を見ても何だか顔見えないのばっかりです(;´д`)
(なので余計大佐と見間違ってしまう・・・)
なんと、帽子をかぶりだしましたか・・・
なんか前兆みたいに思えますねΣ(゚д゚lll)
RAGEのピーヴィーもハゲる前バンダナを大きく巻きだしたのを思い出しました。
いつか突然スキンヘッドに・・・ならないと・・・いいな・・・

そういえばLOST SOCIETYってバンドはご存知ですか?
フィンランド出身のスラッシュメタルバンドで、最近の子(まだ10代)なのに
やってる音楽は懐かしくて、30年くらい前みたいなスラッシュメタルをやってます。
何で今出てきたの!?って思ってしまいます。
アンスラックスみたいな陽気さがあるのでmanoさんの好みではないかもしれませんが
彼らはイケメンですよwww
最新のアルバムは速い曲少ないのでイマイチですが
2枚目までは速くてノリノリなのでテンションあがりますヽ( ´ ∇ ` )ノ

mano

こんにちは。(´▽`*)
実は、そのLOST SOCIETY知ってます。(≧▽≦)他の方のブログで、
チェックしました。もう、私の息子と言っても過言ではない若者たちが、元気よく
オールドスクールなスラッシュをしていましたね。中高年スラッシャーには、ぐっとくる
音でした。(*´ω`)最近のアルバムは、今のメタルっぽい重い感じになって
ましたが。。陽気で、おバカといえば、、GAMA BOMBというバンド、いいですよ。
アイルランドのスラッシュバンドです。ぜひ、チェックしてください。
特に、Ninja Untouchables/UntouchableのPVが笑えます。!
これ、好きです。(*´ω`)
ミレのスキンヘッドは、、怖そうだ。。(゚Д゚;)髪ふさふさの人と、薄くなりだした人。。
特に、白人は、禿げてデブになる人多いよね。。若い頃はこんなにスリムで、
可愛かったのに。。急に老けだすから。。
そうそう、今日、カレイヤさんに、行きました。いきなりカウンターで、びっくり!
ほんとにSLAYERかかってるやん!!( ゚Д゚)カレーは本日スペシャルを食べました。
美味しい!缶バッチがあったので、買いました。お店の人に、ほんとに、SLAYERかかってるんですね、。と話しかけてしまいました。(;´∀`)
でも、ネクタイ姿のリーマンがSLAYERのかかる店で、カレーを食べてるなんて、シュールすぎる。。世界中探しても、日本にしかないと思う。。(≧▽≦)


小関 文

Re: タイトルなし
こんにちは( ´ ▽ ` )ノ
LOST SOCIETYご存知だったですかΣ(゚д゚lll)
さすがです!!!
2014年くらいに出てきたバンドのようだったので、私は最近まで未チェックでした。
Amazonの「あなたへのおすすめ」でオススメされて知ったという・・・
(実はAmazonが購入履歴などからおすすめしてくるCDは結構いい所を突いてきます)

GAMA BOMBも知りませんでした!(゜o゜)
しかし面白そうなバンドですね、っていうか面白いですねwww
Ninja Untouchables見ましたが、日本と中国の境界があいまいですねw
なんかアジアらへんのクンフーとかニンジャとかが一緒になってる気がする・・・
でも笑えますねヽ( ´ ∇ ` )ノ
しかし外国の方の作る日本勘違い映画とかも結構好きだったりします。
(ニンジャやサムライが出てくるけど何かちょっと衣装とか変、みたいな)

ミレは眼光鋭いので、スキンヘッドにしたら本当に怖そうですね(´Д`)
体格もよくなってるので(何か骨格さえ変わってるように見えるのですが)
プロレスラーみたいになりそうです。
それはそれでケリーさんみたいで魅力的・・・?(;^ω^)

カレイヤーさん訪問されたのですかっ!
わぁあ何かご一緒したかったですヽ(*´∇`)ノ←迷惑か
SLAYER結構大きい音でかかってますよね。
私は面白くて笑いをこらえるのに必死でマスターと目もあわせられませんでした(´Д`)
缶バッチがあったのですか!?
また、買いに行かねば・・・!
非公開コメント

小関 文

結婚相談所勤務。
レディーススラッシュメタルバンドVALKYRIE(ヴァルキューレ)でGt/Voをしてます。

スラッシュメタル、パワーメタルが好きです。
・・・が、音楽なら何でも好きです。
実はメタルを聴き始めて日が浅いので「これは定番でしょ!」というバンドやアルバムを知らなかったりしますが、温かい目で見守りつつ教えてもらえると嬉しいです。

休日はバスケ観戦などしてます。
Bリーグ始まって以来、大阪エヴェッサを応援し、舞洲でのホームゲームに足を運んだりしてます。
エヴェッサ以外のチームも応援してます。

ツイッターー→@damoin667
メタラーの方、ブースターの方、共通点ある方はフォローします(鍵付きアカウントの方除く)。お気軽にどうぞ。
最近フォローバックが遅れ気味で申し訳ありません。

お知らせ

VALKYRIE -Valkyrie Rising-
(ヴァルキューレ・ライジング)
2018.4.11発売 \2,500-
Valkyrie Rising(ヴァルキューレ・ライジング)CD発売中
以下のサイト、店舗で取り扱い中です。
Amazon
ディスクユニオンHMVオンライン
S.A.MUSICROCK STAKK RECORDS


にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村

twitter

タグリスト