FC2ブログ

わたしとスピリチュアルな彼女 PART8

お待たせしました、わたしとスピリチュアルな彼女 PART8です。

もう皆さん、どういう話だったか忘れている頃ですね・・・
更新が滞っていて、申し訳ございません。
今後も少しずつ進めていきたいと思います。

大丈夫!!
もう後は破滅に向かうだけだから!(⌒▽⌒)




・・・あ、ウソですよ。
ちゃんといいこともありますよ。

ではでは、今回も張り切っていってみましょー!


* * *


前回までのあらすじ
PART1「2007年、26歳の小関と、43歳のM子の友情が芽生えた」
PART2「M子が自分の病について告白」
PART3「夫と不仲の私に、M子からのすてきなプレゼント」
PART4「ある日妻は、夫への屁みたいな闘争心からギターを始める」
PART5「M子の言葉の力で、小関は歌が歌えるようになる」
PART6「M子が躁うつ病の原因を告白」
PART7「ある日、閉め出されたことに気づいた小関は家の窓から侵入を試みる」


詳しくはコチラ
わたしとスピリチュアルな彼女 PART1
わたしとスピリチュアルな彼女 PART2
わたしとスピリチュアルな彼女 PART3
わたしとスピリチュアルな彼女 PART4
わたしとスピリチュアルな彼女 PART5
わたしとスピリチュアルな彼女 PART6
わたしとスピリチュアルな彼女 PART7


* * *


家の裏手に回ると、台所の窓は開いていました。

私は素早く窓に駆け寄り、手をかけてよじ登ろうとしました。
すると、少し離れたところでテレビを見ていたY口がすぐさま気づきました。
舌打ちをしたかと思うと、血相を変えてこちらに向かってきました。
顔を見る余裕はなかったので、酔っているかどうかは分かりませんでした。

おい来るな!
何してんだ!
入ってくるな!!


などとY口は叫んでいたと思います。
すごい形相で、私の体を突き飛ばして、窓から引き剥がそうとしました。

私は「何で!?どうしてこうなるの?」などとワーワーわめきながら抵抗しました。
Y口が落ち着くようになだめようなどと考えていましたが、全くそんな余裕はありませんでした。

Y口は私の手を引っ掻いたり叩いたりして、とにかく窓を無理やり閉めて追い出そうとしました。
暴力は振るいたくないから、
もうここに来るな!!

とすごい剣幕で怒鳴られました。


そんなこと言ってもここは私の家で、そこに私の荷物が・・・
などという言い分は聞き入れられる状態ではありませんでした。

血管が切れそうなほど怒っているのが分かりました。
私を見るだけで怒りが爆発して話もできない、という状態でした。

力でY口にかなうわけがなく、1分ほどの攻防ののち突き飛ばされて、窓を閉められました。
窓の位置はそれほど高くなかったので、怪我はしませんでした。
しかし落下した時にどこかを強打したので、これ以上戦いを挑む気にはなれませんでした。
私は、おとなしくその場を立ち去りました。


何が何だか分からなくなりました。


分かることは、自分は今日泊まる場所がなく、手荷物と背負っているギター以外の全てを失ったということでした。


それらを到底受け入れられず、どうしていいかも分からず、私は近くの交番に向かっていました。
頭がボーっとしていて、どうやって歩いたかよく覚えていません。
ふらふらと交番に着きました。
私はこれまでの経緯を、お巡りさんに説明しましたが、ちゃんと説明できていたかどうかは怪しいところです。
「ひとまず、落ち着きなさい」
といわれて、30分から1時間くらい交番の椅子に座っていました。



なぜ、こんなことになったのか。
なぜY口が怒っていたのか、実は心当たりがありました。

きっと彼は私の机の引き出しを開けて、中を見たのだと思います。

Y口は、私の机の引き出しを開けたり、私のパソコンを使ったり、私の携帯を見たりすることは決してしない人でした。
「そういう関係は嫌だよね」
「そんなことをする恋人達はキモいよね」
などと2人で話していたこともありました。

いつでも相互不干渉がルールでした。
信頼関係があるからではなく、単にお互いに興味がないからでした。
家の外で何をしようがまるで構わないと思っていました。
家の中で、普通に接してくれればそれでいい。

しかし、そう思っていたのは自分だけだったのかも知れません。

私は、そんなことをさせるほどY口を追い詰めてしまっていたのです。

引き出しの中には、K(当時のバンドメンバーであり、交際相手)と撮った写真やプリクラを無造作に入れていました。
明らかに2人は友達以上の関係と分かるものでした。
きっと、Y口はそれを見て逆上したのだと思います。
(後日、再びここを訪れた時、そうだと確信しました)

実は、どんなに関係が冷え切っていても私のことを信じていたのかもしれません。
単に私の行動が、Y口のプライドを傷つけただけかもしれません。

しかし今となっては、それは確かめる術はありませんでした。



「こんな夜中じゃ、どうもできないよ」
と当直の警官に、困った顔をされました。
もう出て行ってくれという空気でした。

私は「すみませんでした」と言って交番を後にしました。


それからしばらく考えた後、やはりKに電話しました。
「どうしたらいいか分からない」と言いました。
終電も、とっくに終わっていました。
Kの家以外に、行くあてがありませんでした。


2時間ほどして、Kのお姉さんとその家族が、兵庫からわざわざ車で迎えに来てくれました。
(Kは車の運転が苦手)
Kは、私が不安に思っているだろうと「もうすぐ着くからね」と何度も連絡をしてきてくれました。


見たこともない赤の他人を、弟の恋人というだけで、夜中に京都まで迎えに来てくれる・・・
Kの家族はなんて優しいんだろうと、私は衝撃を受けました。

自分の家族は疑い深く、家族以外の他人に対して冷たいので
「世の中には、こんな神様のような人がいるのか・・・」
と感動すら覚えました。
それほど、当時の私には考えられない出来事でした。

私や私の弟が、夜中に恋人を連れてきたらどうなるか。
「別れなさい」
「帰ってもらいなさい」

そんな家を追い出されるような人の言い分など、一切聞く必要はありません!
普通じゃない人と、かかわるのはやめなさい。

それで全て終了、に違いありません。


子供が生まれれば、私も両親と同じ考えになるのかも知れませんが・・・
我が子が事件に巻き込まれたり、面倒なことに足を突っ込んでしまうのを未然に防ぎたいと思うかも知れないからです。



Kの家族は、見ず知らずの他人の私にも、すごく優しかったのです。
私は、Kの家族にどれだけご飯をただで食べさせてもらって、寝る場所を提供してもらって、優しい言葉をかけてもらったのか分かりません。
どれだけお礼を言っても足りないほど、彼らにお世話になりました。

私は自分がゴミクズのような存在だなと思いました(´-`)
きっと私に欠けていたのは優しさや思い遣りなのだ、とKの家族を見て思いました。

PART9に続く


またM子が出ない回を作ってしまった・・・


次回からは大阪編です。
おたのしみに~!!

またもや暗い空気なってしまったので、アラヤさんの素敵な笑顔でも載せておこう・・・
トムアラヤいい人

うん、Google先生もわかってらっしゃる( ´ ▽ ` )
トムアラヤ笑顔

いい笑顔です。
トムアラヤ笑顔2
関連記事
スポンサーサイト



コメント

mano

こんばんは。(*‘∀‘)あれ?まだ、M子さんは出ませんね。。(;´∀`)
うーん、、。なかなかヘヴイな展開ですね。。他人と、暮らすという事は、
難しいですね。私もつくづく痛感しております。最初は分かり合えてた気が
していても、実は、相手は全然違う事を考えてたりね。(;´∀`)
年をとっても、手をつないで歩いている夫婦を見たりすると、すごいなー。
と思う。(≧▽≦)でも、Kさんの家族はいい人達ですね。偏見がないというか
だから、小関さんもKさんに惹かれたとか。。(*^^*)前の旦那さんも、辛かったのでしょう。。でも、しかたないですね。。
思いやりか。。私にはあるかな。。これ。。(;´∀`)でも、反省をして
悪い所を認識できた事は、いいことだと思います。。人の気持ちの変化は
どうしようもないですからね。(;´∀`)
今度は出ますか?M子さん。。
話かわり。。トムって,歯が白くて、虫歯なさそうなので、いいなー。
なんか、キリストみたいだねー。。下の写真。。スーツ着てるし。(*^^*)
スーツ着ると、年相応?
では、続き待ってます。(*^^*)

小関 文

Re: タイトルなし
こんにちは( ´ ▽ ` )ノ

あっ・・・またM子とは関係ない話の展開で申し訳ございません(´ω`|||)

M子との会話の内容や、M子との共通の知人のことを話題にするのに、
Kのことや京都を追われたこと(笑)を書いておかないとなー・・・と思っていたら
すっかり話が膨らんで長くなってしまいました。
何か、後で考えたらこのエピソード不要じゃないのか?ってのもありそうですね。
本を書く人は、全て書き上げてから不要なエピソードを削ったり調整するんだろうな(;^ω^)
思いついたまま書いていたから・・・すごく長くなってしまいました。

他人と暮らすという事は、難しいですよね。
私の結婚相談所では、「パートナーは宇宙人だと思え」と教えてます。
常識は、あなたの常識なんだから、相手が(あなたの)常識がないのは当たり前なんだよ?
と動画まで作って、婚活するお客様にお説教しています(ありがた迷惑?)
せっかく結婚してもすぐに別れてしまっては、相談所としては悲しいですしね(´-`)
結婚するのに必要な心構えも教え込んでおこう、という魂胆です。

最初は分かり合えてた気がしても実は全然違う事を考えてたりは、ありそうですね。
たまには、話し合う機会を作らないといけませんよね。
なんか、別れてしまった人は「コミュニーケーション不足が原因」というのはよく聞きますもんね(;^ω^)

Kさんの家族は、ほんとに、まさに「偏見がない」という表現が正しい人たちでした。
あの人は身なりが悪いから、とかちゃんとした職についてないから、とか
そんなことで一切判断せず、誰にでも平等に接する人でした。
そんな人は、この世にいないだろうと思っていたんですけどね(;´∀`)
夜中に押しかけて、どんな嫌な顔をされるだろうかと、すごくドキドキしていたのですが
嫌な顔ひとつせず迎え入れてくれて、本当にやさしい人たちでしたよ。

M子は、次回からまた少しずつ出てきますが、
またちょっと違うキャラになっているかも知れませんね・・・(;^ω^)
これ以上いうと、ネタばれになりますねww

アラヤさん、キリストみたいですね(´-`)
たしかに、・・・というかスーツがよく似合う。
そして55歳なんですね。
いつまでもフサフサであってほしいです(そこか)
非公開コメント

小関 文

結婚相談所勤務。
レディーススラッシュメタルバンドVALKYRIE(ヴァルキューレ)でGt/Voをしてます。

スラッシュメタル、パワーメタルが好きです。
・・・が、音楽なら何でも好きです。
実はメタルを聴き始めて日が浅いので「これは定番でしょ!」というバンドやアルバムを知らなかったりしますが、温かい目で見守りつつ教えてもらえると嬉しいです。

休日はバスケ観戦などしてます。
Bリーグ始まって以来、大阪エヴェッサを応援し、舞洲でのホームゲームに足を運んだりしてます。
エヴェッサ以外のチームも応援してます。

ツイッターー→@damoin667
メタラーの方、ブースターの方、共通点ある方はフォローします(鍵付きアカウントの方除く)。お気軽にどうぞ。
最近フォローバックが遅れ気味で申し訳ありません。

お知らせ

VALKYRIE -Valkyrie Rising-
(ヴァルキューレ・ライジング)
2018.4.11発売 \2,500-
Valkyrie Rising(ヴァルキューレ・ライジング)CD発売中
以下のサイト、店舗で取り扱い中です。
Amazon
ディスクユニオンHMVオンライン
S.A.MUSICROCK STAKK RECORDS


にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村

twitter

タグリスト