FC2ブログ

酒さ(酒さ様皮膚炎)になりました その5【町医者への不信】

ご注意:この記事にコメントできません。最後の記事からのみコメントできるようにしてあります。

「酒さ(酒さ様皮膚炎)になりました その4」からの続きです。

* * *

このブログは、実は皮膚病のブログではありません。
普段はヘヴィメタル、音楽、バンド、バスケのことなどを書いてます。

VALKYRIE(所属しているレディースバンド)関連の記事はこちら
HR/HM(音楽)関連の記事はこちら
日常の記事はこちら

「皮膚病との闘い」だけをソートする場合はこちら

* * *

酒さと診断されてから、毎日結構な時間を費やして、他の人の治療記録(ブログ)を読み漁りました。
自分に知識がないからこんなことになった、というのを痛感したので、医者&薬頼みというか丸投げはやめて自分でも勉強しようと思ったのです。
何より、メンタルが最悪の状態だったので「酒さが治った!」という体験談を見て安心したかったのです。
○ヶ月経過でこう、○ヶ月経過でこう、という報告を見るだけで、少し心は落ち着きました。
治らないわけではない、ずっとこのままではない、と思えたから。


そこで気付いたのが・・・
酒さの治療ブログを書いておられる方は、美容のお仕事をしている方、美容関連の資格を持っている方、コスメが大好きな方など、美意識が高い方が本当に多いということです。

写真も載せている方が多いのですが、何かメチャ綺麗な方が多い・・・・
というか、綺麗な方ばかり・・・・
そして女性ばかり・・・・・

なぜ、そんなに美意識が高いのに、酒さ(酒さ様皮膚炎)になってしまうのだろうか。

何となく予想ですが、
・もともと皮膚が白くて薄いから
・新しく出たコスメを試す機会が多いから
・発疹の1つや2つでも過剰に気にしてしまいステロイドに手を出してしまうから
・美意識が高い人であるがゆえに、治療経過の写真もちゃんと撮っているからブログが書ける
・・・と素人目線で予想しました。

念のため言うと私の美意識は低いです。
一応、バンドをやっていてステージに立つこともあるのに、メイクは自分でできないのでお店の人にやってもらうというレベル・・・・
こんな奴が全日本酒さブログ連盟に混じってて申し訳ありませんと思いました(´▿` )
(※全酒連ありません)


私は、美容家ではないから載せられる写真もないけれど・・
大勢の人のブログを読んで、自分が助けられたので私も書かねばと思いました。
同じような症状で悩んでいる誰かの参考になればいいなですが。
そして、あと1つは自分の意見をまとめておき、忘れないようにするためです。
ブログを書いている方には、そういう目的の方も多いのかな、と思います。


1つ気になったのが、ブログを書いておられる方のほとんどが、皮膚科で正しい診断を受けなかったこと。
町医者の皮膚科を2~3院は行っておられる方が多いようです。
3回中3回ともステロイドを出された方もいました。
結局、医者にかかっても悪化するのでネットで調べて自分で治したという方ばかりでした。
医者の口からは酒さの「し」の字も出なかったらしいです。

私と同じように「ヒルドイドが合わない?そんなわけないじゃない」と言われたという方もいました。
なぜ皮膚科医なら、保湿したら駄目な症状があることも考慮してくれないのか・・・・

これが合わないなら次はこれ、次はこれね。
いつか合うのが見つかればいいよね、と薬をポンポン出されるだけ。
診療時間は平均して2分。
町医者の皮膚科というのはそういうものなのか。
それに、ステロイドが効かないのに次もステロイドってどう考えてもおかしいでしょ・・・(´-`)

最初は、そんな医者ばかりであることに怒りを覚えました。
なぜ、細胞を取って顕微鏡で見たりとか、ちゃんと皮膚を拡大して見たりしないのか?
(総合病院の先生は30分くらいかけて診察してくれました)
最初から、ただ薬を出して終わりのつもりなのだろうか。
もうすでに「最初はコレかコレ」「コレが駄目ならコレ」と出す薬は決まっているのだろうか。


しかし、よく考えた末にそのシステムでないとやっていけないのではないかと思い直しました。
・2分で診察、薬を買わせる、お客さん15人
・30分かけて丁寧に診察、薬を使うかどうか慎重に考える、お客さん1人
・・・という2パターンを考えてみると、同じ30分でも、後者の方法では、どんなに良心的でもたちまち赤字になるのかも知れない。
時間もかかるし薬も買わないのでは儲からないから。
製薬会社との付き合いもあるでしょうし。
儲からないと、ここにいる看護師さんも半数以上いなくなってしまうんだろうな・・・
そう考えるとやるせないです。


しかしながら、誰もが根治を望んでいるわけではないのかも知れません。
前にお付き合いをしていた男性はアトピー性皮膚炎でしたが、お菓子も揚げ物も我慢したくないから、ゆるく病気と付き合っていこうという考えでした。
そういう考えなら、特に町医者システムでも問題はないのですけどね。


続く

(※後でネットで調べたところによると、日本では症例も少なく治療方針も確立していないため、医者は、酒さであるという診断を出したがらないのだそうです。)


写真がないと寂しいので、自分のバンドの写真でも貼っておこう。
VALKYRIEヴァルキューレ_Wildside-全体図(201807)

(ご注意:この記事にコメントできません。何かございましたら最後の記事にお願いします)
関連記事
スポンサーサイト



コメント

小関 文

結婚相談所勤務。
レディーススラッシュメタルバンドVALKYRIE(ヴァルキューレ)でGt/Voをしてます。

スラッシュメタル、パワーメタルが好きです。
・・・が、音楽なら何でも好きです。
実はメタルを聴き始めて日が浅いので「これは定番でしょ!」というバンドやアルバムを知らなかったりしますが、温かい目で見守りつつ教えてもらえると嬉しいです。

休日はバスケ観戦などしてます。
Bリーグ始まって以来、大阪エヴェッサを応援し、舞洲でのホームゲームに足を運んだりしてます。
エヴェッサ以外のチームも応援してます。

ツイッターー→@damoin667
メタラーの方、ブースターの方、共通点ある方はフォローします(鍵付きアカウントの方除く)。お気軽にどうぞ。
最近フォローバックが遅れ気味で申し訳ありません。

お知らせ

VALKYRIE -Valkyrie Rising-
(ヴァルキューレ・ライジング)
2018.4.11発売 \2,500-
Valkyrie Rising(ヴァルキューレ・ライジング)CD発売中
以下のサイト、店舗で取り扱い中です。
Amazon
ディスクユニオンHMVオンライン
S.A.MUSICROCK STAKK RECORDS


にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村

twitter

タグリスト