FC2ブログ

新卒で金融関係のブラック企業に入社した話 その後

前回までのあらすじ
小関は新卒で「商品取引」を扱う企業・A社に入社した。
電話営業で怒鳴られ、飛び込み営業で怒鳴られ、上司にも怒鳴られる毎日に疲れ3ヶ月で退職した。
小関は3日以内に実家に帰ることになった。


↓詳しくはコチラ
新卒で金融関係のブラック企業に入社した話 その1~9
http://damoin667.blog.fc2.com/blog-category-39.html


***


私はA社を退職した。
A社の人事部から言われた通り、2日後には寮を出た。
後に残してきた同僚たちとは、それきり連絡を取っていない。
辞めるというと会社とトラブルになるかと思ったが、驚くほど何もなかった。

新入社員になって3ヶ月で帰郷するとは予想もしていなかった。
不満の1つも言われると思ったが、両親は何も言わなかった。
しばらくゆっくりしやぁいいがね、的な雰囲気だった。
しかし暇&田舎はかなりの苦痛なので、すぐに次の就職先を探すことにした。
近くの幼稚園(私立で教育費は高そう)が事務を募集していたので、面接を受けに行くことにした。
無事採用され、次の日から幼稚園で働くことになった。


***


その幼稚園は、富裕層向けの園である。
講堂に体育館に運動場に、色々と立派な施設があった。
今回は、事務長先生(多分30歳くらい・女性)が結婚して三河地方に行ってしまうため、欠員募集とのことだった。
(園児が「じむちょーせんせー」と呼ぶので、あえてこの変な日本語で表記します)
事務長先生は細身で眉毛が細くて、カリカリしていて怖かった。
基本的にいつも不機嫌だが、園児の前では無理やり口角を上げて笑っていた。
「目が笑ってない」とはこういう顔のことかと思ったのを覚えている。

他にもう一人、事務(と思われる)女性がいた。
恐らく、20代後半くらいだろうと思われる、少しポッチャリの女性だった。
この人も、基本的にいつも不機嫌そうだった。
事務長先生は、忙しそうに放送室で園児を誘導したり、事務仕事をこなしていたが、この事務(仮)さんは、事務長先生の命令で片づけや資料配布などの作業を行っていた。
ひとまず、私は事務(仮)さんと同じ作業をするよう命じられた。

事務(仮)さんは目が座っていて、「誰も信用していない」という空気を出していた。
必要事項しか喋らなかったし、私に興味もないようだった。
普通、ニコッと笑って「よろしく」とか言うよね・・・?
事務(仮)さんは笑わなかった。
まあ、私も来て間もないし、そんなに早く打ち解けられるわけはないよね。

・・・と思いながら3日が過ぎた。

事務(仮)さんは、やはり全く笑わなかった。
その日の昼頃、事務(仮)さんと私で、倉庫に何か物を取りに行くよう命じられた時だった。
何の話をしていたか忘れたが、事務(仮)さんは衝撃的な発言をした。

「今までに何人も新人が来たけど、みんな3日で来なくなるのよね」

それを聞いて、私はなるほどと思った。
もう誰にも肩入れしない、どうせいなくなるのだから。
だから、誰と仲良くする気もないのかも知れない。

と同時に、「ここはアカン職場だ」とわざわざ教えてくれたように思った。
私を辞めさせたいとか、そういう意図は感じなかった。
二度も同じ失敗を繰り返すわけにはいかない私は、怖気づいた。

しかし事務(仮)さんは、どういう立場なんだ。
長いこと働いているのに、何故この人が「事務長先生の後継ぎ」じゃないんだ?
面接をしてくれた人も、私に「事務長さんの代わりになってもらう」と言った。
何故、事務(仮)さんじゃないの・・・?


そして、その日の夕方、理事長先生(70代くらいの女性)に呼び出された。
事務長先生が、「この人が新人の小関です」と私を紹介した。
理事長先生は、お金持ちマダムみたいな眼鏡をかけている、優しそうなお婆ちゃんだった。

「あなたみたいな人を待ってたの。本当に来てくれて良かった・・・!」

と、嬉しそうに理事長先生は言った。

しかし、私には全く意味がわからなかった。
私は何の才能もない、新卒で入った会社を3ヶ月で辞めたダメ人間。
そんな私を歓迎している・・・?
いや、そんなわけがない。

私は、あまりの意味の分からなさに混乱していた。


ここで、お婆ちゃんの言葉に押されて続けていたら、今頃は全く別の人生だったかも知れない。
だが、私の危険職場センサーは、「ここはやめておけ」と言っていた。
疑問を持ったまま新卒でA社に入った。
そして、どんな結末が待っていた?
この幼稚園は、何か腑に落ちないことが多い・・・
また同じことを繰り返すのは嫌だった。

私は、残念ながら幼稚園を3日で辞めた。


***


その後、リクナビNEXTに登録し、家の近くにこだわらず、真面目に名古屋の企業を探した。
営業職でなければ何でもよかった。
意外とすぐに決まり、8月から名古屋の会社で働き始めた。
その会社では、良い上司、同僚たちに恵まれ、結婚して愛知を出るまでは勤めることができた。


自分に合う会社かどうか、入社前に見極められたら一番いい。
入社前は無理でも、1~2週間働けば分かるだろう。
もし自分に向いていない・自分をすり減らしていると感じたら、すぐに逃げ出したほうがいい。
・・・というのは私の個人的な考えに過ぎない。

「どんなに辛くても続けるべきだ」という考えの方もいるだろう。
私よりも上の世代では、続けることを善しとする風潮もある。
残念ながら、私は限りある時間を大切にしたい。
「辛い」と思いながら働いた時間は返ってこない。
楽しい、楽しいと思いながら働きたい。

辛いときはあるかも知れない。
その時、何をもって辛いと感じ、何に原因があり、何を改善すべきか考えて前進したなら意味がある。
ただ耐えているだけなら、やっぱりただの無駄だと思う。
3ヶ月と3日、人生を無駄にしたけど、それ以降は自分の内なる声に耳を傾けようと誓った。


***


A社で働いていた頃、コンビニの店長を訪問したことがあった。
忙しそうにしていてまともに話を聞いてくれなかったように見えた店長だ。
店長は、どうやら最終的にA社と契約したらしく、8月の末くらいに私の口座に1万円が振り込まれていた。
辞めた社員にもインセンティブが支払われるとは、良い会社なのかも知れない。



2年くらい経ったある日、みんなどうしてるのかな・・・?とふとA社が気になったことがあった。
しかし、メールアドレスを変えたまま連絡をしておらず、誰の連絡先も分からなかった。
A社のホームページを開いてみた。

すでにA社は、存在しなかった。


終わり


全然まとまってない・・・!
なんだこわれは・・・!

幼稚園のくだり、いる!?

しかも謎が全部謎のまま!
Screenshot_20200723_キングスイカ岩
気を取り直して、小関の次回作にご期待ください。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

-

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
非公開コメント

小関 文

結婚相談所勤務。
レディーススラッシュメタルバンドVALKYRIE(ヴァルキューレ)でGt/Voをしてます。

スラッシュメタル、パワーメタルが好きです。
・・・が、音楽なら何でも好きです。
実はメタルを聴き始めて日が浅いので「これは定番でしょ!」というバンドやアルバムを知らなかったりしますが、温かい目で見守りつつ教えてもらえると嬉しいです。

休日はバスケ観戦などしてます。
Bリーグ始まって以来、大阪エヴェッサを応援し、舞洲でのホームゲームに足を運んだりしてます。
エヴェッサ以外のチームも応援してます。

ツイッターー→@damoin667
メタラーの方、ブースターの方、共通点ある方はフォローします(鍵付きアカウントの方除く)。お気軽にどうぞ。
最近フォローバックが遅れ気味で申し訳ありません。

お知らせ

VALKYRIE -Valkyrie Rising-
(ヴァルキューレ・ライジング)
2018.4.11発売 \2,500-
Valkyrie Rising(ヴァルキューレ・ライジング)CD発売中
以下のサイト、店舗で取り扱い中です。
Amazon
ディスクユニオンHMVオンライン
S.A.MUSICROCK STAKK RECORDS


にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村

twitter

タグリスト